コーヒーのブログ

コーヒー・カフェについてシェアしたく。

本当に美味しいコーヒーを見つける方法とは?

  •  コーヒーに興味があって、家でも楽しみたい!
  • もっとコーヒーについて知りたい!
  • コーヒーをもっと美味しく飲む方法ってどうしたらいいんだろう?

 

コーヒー好きの私にとって、実にうれしい言葉の数々です。

是非コーヒーについてもっと知ってもらって、コーヒー一杯を楽しむ幸せを味わってほしいと思います。

 

 

信頼できる店員さんを見つけよう!

f:id:SteveKino:20170610012513j:plain

コーヒーについて自分にあった正解を一番手っ取り早く入手する方法は、インターネットではないです。

残念ながら、このブログも個々に合わせた最適な方法は提供できません。

自分にあった正解を一番早く見つける方法は、信頼できる焙煎豆屋orカフェの店員さんに根掘り葉掘り聞くことです。

 

しかし、まずは自分で探しだせる可能性もみてみましょう。

美味しいコーヒーを見つけるためのヒントとなるキーワードがありますので、紹介します。

 

高品質なコーヒー豆を示すキーワード 「COE」

f:id:SteveKino:20170617155733j:plain

カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)は、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質(トップ・オブ・トップ)のものに与えられる名誉ある称号です。

略して「COE」と呼ばれます。

詳しくは以下記事参照

 

stevekino.hatenadiary.jp

 

オークションで世界中から入札者を集め、落札しますので、人気の豆ほどお値段が高くなります。

COEの豆は生産農家からダイレクトトレードされていることが多いため、中間マージンが載っていない場合が多く、実質コストパフォーマンスは、実はすごく高いのです。

つまり、お値段の割にお得なのです。

店頭で見かけたり、ネットショップで見かけたら、是非試してみましょう。

普通のコーヒーとは、明らかに違うコーヒーが楽しめるでしょう。

注意点があるので、上記の記事もご参照ください。

 

世界規格Qグレードスペシャルティコーヒー

Qグレード認定珈琲豆

SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)のカッピング採点基準に基づき

80点以上の高評価を獲得した珈琲ロットに与えられる称号です。

Qの称号が与えられた珈琲豆は世界規格認定のスペシャルティコーヒーです。

世界規格Qグレード珈琲福袋のセット内容のご紹介です。

引用:加藤珈琲店 世界規格 Qグレード 珈琲福袋 (お菓子・Qグァテ・Qホン・Qニカ・Qミャンマー) <挽き具合:豆のまま>

 

カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)の採点方式とは別に、もう一つアメリカのスペシャルティコーヒー協会の採点方式が存在します。

その採点方式で評価されたコーヒー豆で80点以上の高評価を獲得した珈琲ロットに与えられる称号がQグレードです。

このQグレードコーヒーを最もたくさん販売している実績を持つのは、加藤珈琲店でしょう。

多く販売しているため、その分仕入金額も安くすませられています。

なので、風味で評価されたコーヒー豆であるにもかからわず、求めやすい価格になっています。

 

以下おすすめのセットを紹介します。

 

【豆のままのセット】

加藤珈琲店 世界規格 Qグレード 珈琲福袋 (お菓子・Qグァテ・Qホン・Qニカ・Qミャンマー) <挽き具合:豆のまま>

加藤珈琲店 ゴールデンブレンド 2kg セット 500g×4 珈琲豆 <挽き具合:豆のまま>

感謝 の 珈琲 福袋(夏・Qホン・Qグァテ・Hコロ) <挽き具合:豆のまま>

【中挽きのセット】

加藤珈琲店 世界規格 Qグレード 珈琲福袋 (お菓子・Qグァテ・Qホン・Qニカ・Qミャンマー) <挽き具合:中挽き>

加藤珈琲店 ゴールデンブレンド 2kg セット 500g×4 珈琲豆 <挽き具合:中挽き>

極限 の 珈琲 セット(Qグァテ・Qコス・Qコロ/各500) <挽き具合:中挽き>

 

正直なところCOEの最高品質豆と比べると、感動する風味はありません。

ただ、とびっきりの風味を求めるのではなく、日常使いのコーヒーとしては、金額と風味特性のバランスを考えると、コストパフォーマンスの最も優れた一番おすすめの商品です

 

コーヒー豆のおすすめを聞こう!

f:id:SteveKino:20170610012640j:plain

コーヒーにはいろいろな味があります。

「コーヒーの味なんて一緒でしょ?」という人のために、ユニークな味を経験できるコーヒー屋、カフェを紹介します。

以下記事をご参照ください。

 

stevekino.hatenadiary.jp

stevekino.hatenadiary.jp

stevekino.hatenadiary.jp

 

ひとまずは、コーヒーには実はいろいろな味があるのだなと、思ってくれると助かります。

 

また、「コーヒー豆の買い方がわからないんだけど」という場合は、以下の記事を参照ください。

とても簡単なのです。

 

stevekino.hatenadiary.jp

 

いろいろな味のベースになるのは、素材であるコーヒー豆です。

あまり買い慣れていないと、どのコーヒー豆を選んでよいものかわからないものです。

また、知識がないのがばれて恥ずかしいなんていう人間独特の羞恥心がでてくるのもやっかいですね。

 

しかし!

 

お客の立場であるあなたは、コーヒーについて詳しくなくてよいのです!

そのためにコーヒーショップには彼や彼女は存在するのです。

だから堂々と聞きましょう、

 

「おすすめはどれですか?」 と。

 

回答には2パターンある!

 

逆質問パターン

「おすすめはどれですか?」と聞いたら、店員さんから

「どんなお味がお好みですか?」

と逆質問されることがあります。

なぜなら、コーヒーは嗜好品だからです。

嗜好品とは、人によって好みはまちまちということです。

どんな味が好きと言われてもおすすめできる知識がある、という店員さんに多い返しだです。

 

if文回答パターン

接客に慣れた店員さんはif文で回答するようになります。

例えば、「深めの味わいがお好みでしたら、こちらのブラジルのほにゃらら農園がおすすめですし、明るい酸があって爽やかなコーヒーがお好きでしたら、ただ今こちらのグァテマラのほにゃらら農園が入荷したばかりでおすすめです。」といった具合です。

これは、逆質問で答えられるお客の少なさに気付いて自分からこんな味があるよ~と説明してお客にヒントを与える話法です。

 

コーヒーの味をイメージして伝えよう!

 

f:id:SteveKino:20170610012620j:plain

コーヒーの味をイメージして伝えるというのは大変難しいものです。

最初は、苦いのがいいとか、酸っぱくないのがいいとか、甘みのあるのがよいくらいしか出てこないと思います。

しかし、これは本当に求めているコーヒーの味なのでしょうか。

そこを深く考えてみましょう。

グーグルで検索するときにも言えることですが、求めるものを伝えないと求めるものは手に入らないです。

 

求めている味をできるだけ具体的にする必要があるのです。

 

そこでおすすめしたいのが、芸能人にたとえる方法です。

 ここからはあくまで、一つの方法として、お考え下さい。

 

芸能人に例えよう!

逆質問でもif文回答でもどっちがきても大丈夫です。

 

こう伝えましょう。

 

竹野内豊のような味のコーヒーを探しています。」

 

いや、ふざけているわけではありません。

そうすれば、魅惑的でさわやかさのあるコーヒーをおすすめしてくれるでしょう。

 

芸能人に例えることで、少なくとも次の変化がもたらされます。

  1. 店員さんが笑ってくれる
  2. 店員さんが真剣に探してくれる
  3. イメージが伝わり、より好みに近いコーヒーにたどり着くことができる
  4. 自分がどんなコーヒーが好きなのかわかってくる
  5. コーヒー豆と仲良くなり、コーヒー豆を「豊」と呼ぶようになる(愛着が沸く)
  6. 最終的には、芸能人のイメージから味を具体的に表現できるようになる。
  7. 店員さんと理想の味を求めて会話が弾む

 

ここで注意していただきたいことは、社会的認知度の高い芸能人を告げることです。

「だれそれ?」となると店員さんは困るし、なんの話をしているのはわからなくなります。

 

 

芸能人に例えてみた

f:id:SteveKino:20170610012848j:plain

高級志向

フルーツのような明るい酸のあるタイプ

バランスのとれた味わい

深みのある味わい

エキゾチックな味わい

 

最終的には、味を具体的に説明できるようになる

最終的には、上記表現にあげたように、芸能人のイメージから味を表現できるようになります。

例えば、小泉孝太郎さんのような味が好きだな~と思っていた場合、紅茶のようにさわやかでほんのりとオレンジのような酸と甘みを感じるコーヒーなど。

そこから紅茶のようにさわやかなコーヒーは、あ、そうか、エチオピアのイルガチェフェ地方のコーヒーはイメージの味にかなり近いな~などと具体的に結び付けられるようになります。

 

上記の芸能人に例える方法は、会話のネタ程度ですが、会話を生み信頼関係を構築し、行きつけの店ができるきっかけとります。

店員さんと仲良くなることで、コーヒー豆についてだけでなく、淹れ方や器具についてなどあらゆる方面でサポートしてくれるようになるでしょう。

 

究極的に自分好みのコーヒーと出会うのは、すぐとはいかないかもしれません。

 

人生と同様、その道中を楽しみたいものですね。