コーヒーのブログ

コーヒー・カフェについてシェアしたく。

コーヒー専門店でコーヒー豆を買うとき、どんなやり取りをするの?

f:id:SteveKino:20170611153234j:plain

「コーヒー専門店でコーヒーを買うのって、なんか躊躇いがある」

「 最近のコーヒー豆屋ってすごいお洒落でなんか身構えてしまう」

「イケメン・美女率も高くて、余計に聞きづらい」

 

大丈夫です。

コーヒー豆屋でコーヒー豆を買うことなんて簡単です。 

 

コーヒー豆屋の店員さんがその緊張をほぐして質問しやすい空気を創ってくれるとよいのだが、そんな運試しはしたくないでしょう。

他人(店員さん)と過去は変えられません。

自分と未来は変えられます。

変えられるものに目を向けましょう。

自らが変わることを選びましょう。

実は、コーヒー豆を買うのはめちゃくちゃ簡単なのです。

ただし、少しだけ注意点があります。

そこを踏まえて説明します。

店員さんとの会話も楽しくなるでしょう。

 

たったの3ステップ

f:id:SteveKino:20170611152927j:plain

店員: いらっしゃいませ。どのようなコーヒー豆をお探しでしょうか。

あなた: 酸味が控えめで飲みやすいのがいいのですが。

店員: こちらのブラジルほにゃらら農園のコーヒーはいかがでしょうか。酸味は優しく、甘みも感じられるバランスのとれたコーヒーです。

あなた: ではそれでお願いします。

店員: 豆はお挽きいたしますか?

あなた: ペーパーフィルター用でお願いします。

店員: かしこまりました。ペーパーフィルター用でお挽きいたします。では、お会計が・・・

 

典型的なやりとりです。

  1. まず豆を選ぶ。
  2. 豆のままか挽いてもらうか選択する
  3. 挽いてもらう場合、自分が使っている器具用でお願いします。

以上。

簡単ですね。

 

豆の選び方については下の記事を参考にしてください。

 

stevekino.hatenadiary.jp

 

挽いてもらう時の注意点

f:id:SteveKino:20170611153834j:plain

 

一点だけ注意点があります。

それは、挽いてもらう場合です。

下記に詳細を書きますが、例えば、ペーパーフィルターを使っている場合、「ペーパーフィルター用でお願いします。」ではなく、「中挽きでお願いします。」という人がいます。

器具名ではなく挽き具合の粗さで回答することは、下記の理由でおすすめしません。

  • 「中挽き」の概念は曖昧であり、店によって異なる。
  • 店によって、ペーパーフィルター用が中挽きか中細挽きの場合がある。
  • 店のグラインダー(豆を挽く機械)によっても粗さが異なる。

 

中挽き、細挽きというのではなく、「ペーパーフィルター用」など器具名を告げる方がベターです。

 

コーヒーメーカーには2種類ある

コーヒーメーカーを使っている場合も注意すべきことがあります。

「コーヒーメーカー用でお願いします」というと一般的には、ドリップ式のコーヒーメーカーのことを指します。

ドリップ式のコーヒーメーカーには、ペーパーフィルターを装着するタイプと備え付けの金属フィルターを使用し、ペーパーフィルターを装着しないタイプがあります。

 

各々のフィルターに合わせて挽き具合を調整する必要があるのです。

 

2種類のドリップ式のコーヒーメーカー

  1. ペーパーフィルターを装着するタイプ→中挽き、中細挽き
  2. 金属フィルターが装着されているタイプ→中挽き(ペーパーフィルターより若干粗目)

 

1のタイプのコーヒーメーカーに2用のコーヒー粉を使用すると味が薄くなる傾向にあり、2のタイプのコーヒーメーカーに1用のコーヒーの粉を使用するとフィルターが粉をうまく濾過できず、粉っぽいコーヒーとなります。

ちゃんとした店員さんであれば、「コーヒーメーカー用でお願いします」といえば、紙のフィルターをセットするタイプのコーヒーメーカーですか?」と聞いてくれます。

自宅のコーヒーメーカーがペーパーフィルターをセットするタイプかどうか確認しておきましょう。

また、どちらのタイプかわかっているのなら、「ペーパーフィルター用でお願いします。」か「金属フィルター用でお願いします」かのどちらかでよいです。

 

さて、それでは、店員さんとたくさんコーヒートークをして、たくさん学んで楽しみましょう。