コーヒーのブログ

コーヒー・カフェについてシェアしたく。

美味しいコーヒー豆の選び方 3つポイントを押さえよう

f:id:SteveKino:20170617025732j:plain

「コーヒー豆買いたいけど、コーヒー豆の名前がいろいろあってどれを買えばいいのかわからない。」

無理もないです。

ブレンドなんかは名前を割と自由に決めることができます。

自由に決められすぎて、いまでは品名で味を想像することが難しいものがたくさんあります。

また、コーヒーは、味の決め手となる要素が多肢にわたります。

  • 栽培地形
  • 土壌
  • 気候
  • 育てる人
  • 流通形態
  • 収穫時期
  • 処理工程
  • 生豆の管理方法
  • 焙煎の仕方
  • 焙煎度合
  • ・・・

結果として、適当に買い、美味しくないコーヒーを買って残念な気持ちになります。

家族と楽しく飲もうと思って買った人にとっては大変心苦しいことになります。

そこで、大事なポイントは3点に絞って、大まかな味の傾向がわかるようまとめてみました。

是非ご参考にしてください。

 

 

 

 

焙煎度合

f:id:SteveKino:20170617033015j:plain

焙煎度合は、コーヒー豆の煎り具合のことです。

豆と呼んでいますが、元々はさやえんどうみたいな色をした果実の種子です。

それを生豆といいます。

その生豆を焙煎する(火や熱風で煎る)ことで、馴染みのある茶色のコーヒー豆になります。

茶色と一口に言ってもいろいろあります。

その色で、つまり焙煎度合で大まかな味の違いがわかるのです。

大まかな定義として、通常の一般的な焙煎度合を中煎り(ちゅういり)と呼びます。

それより長い時間焙煎すると、豆の色がより深くなります。

それを中深煎り(ちゅうふかいり)と呼びます。

さらに長い時間煎ると、さらに深くなります。

それを深煎り(ふかいり)と呼びます。

 

そして、最近のサードウェーブと呼ばれるコーヒー屋では、浅煎り(あさいり)という中煎りよりも焙煎時間の短いものを扱っている傾向にあります。

 

店頭でよく見るのはそれら4つの焙煎度合です。

中煎り

中煎りは、酸味と苦味のバランスがよく、飲みやすいです。

コーヒー豆にとっては1番コーヒー豆本来の味が出やすく、様々な味を楽しむことができる焙煎度合です

 

味をざっくりとですが・・・

 

中煎りの味のイメージ

飲みやすい、スッキリした、華やかな、甘い、バランスのとれた味わい、ジャスミンの香り、ピーチ、ローズ、パッションフルーツ、ライム、オレンジ、紅茶、レモンティー、キャラメル、アプリコット、チェリー、ミルクチョコレート、ローストナッツ

 中深煎り

中深煎りは、中煎りよりも苦味が増し、酸味が落ち着きます。

濃厚感がありミルクとの相性がよいです。

中深煎りの味のイメージ

ダークチョコレート、ブルーベリー、ダークチェリー、ブラックカラント、ビターキャラメル

 深煎り

深煎りは、クリーミーな舌触り、苦みがあり、酸味がかなり控えめになります

濃厚感がありミルクとの相性がよいです。

深煎りの味のイメージ オレンジピール、プルーン、ビターチョコレート

 

※よくコーヒー豆屋で見る上記の表現(オレンジ、紅茶など)は、あくまで味の例えであり、本当にその味がするわけではないです。

ただ、本当にそう思わせながらもコーヒーの味がする素晴らしく複雑で魅了されるコーヒーも少ないが存在します。

 

焙煎度合は焙煎業者によって定義が違う!

注意してほしいのは、「中煎り」といっても焙煎業者によって定義がまちまちです。

本当は同じはずなのですが・・・

傾向としては、スペシャルティコーヒーを販売している店の中煎りは浅め、それ以外のコモディティコーヒーを売っている店は深め(スペシャルティコーヒー豆屋の中深煎りに相当するくらい深め)だったりします。

どのくらいの色のことを中煎りと呼んでいるのかな、と色を見る癖をつけてほしいです

色を見てコーヒーを作って飲んで味を経験します。

その蓄積で酸味、苦味のバランスの違いはすぐにわかるようになります

 

焙煎度合による味の違いを知るおすすめの方法としては、同じ店で100gずつ中煎りと深煎りを購入するといいです。

焙煎度合程度ならすぐにわかるようになるから、安心してください。

ブレンドかシングルオリジンか

大事なことは、できるだけシングルオリジンのコーヒーを選ぶことです

それが美味しいコーヒーにたどり着く近道です。

 

f:id:SteveKino:20170617030835j:plain

 

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違いは下記記事参照。

 

stevekino.hatenadiary.jp

 

ブレンドコーヒーというのは、要は何かと何かを混ぜ合わせて作ったコーヒーです。

たとえば、

ブラジルとケニアという生産国単位で違うのもブレンドです。

グァテマラの中のアンティグア地域とアカテナンゴ地域を混ぜたものなどもブレンドです。

 

ストレートコーヒーとは、単一生産国、要はブレンドされていないコーヒーです。

そしてこの「ストレートコーヒー」という言葉は、スペシャルティコーヒーを扱っているコーヒー豆屋で聞くことのない言葉です。

昔ながらのコモディティコーヒー(コロンビアスプレモ、グァテマラSHBなど)を扱っているコーヒー豆屋に散見する言葉です。

そういう店で豆を買うのはダメだというわけではないです。

一度買ってみて、スペシャルティコーヒーを謳っている店で買って違いをみてみるといいです。

ほとんどの人はスペシャルティコーヒーを選ぶと思います。

 

シングルオリジンとは、単一農園とか、限定された地域で作られたコーヒーです。

要はストレートコーヒーよりもっと地域を狭めたコーヒーです。

 

シングルオリジン=スペシャルティコーヒーと思われがちだが、ちょっと違います。

以下記事参照。

 

stevekino.hatenadiary.jp

 

 

生産国の特徴

ここだけは覚えておいてほしいというものを味の傾向別に3つにまとめました。

(無論、品種によっても気候条件によっても味は変わるので、あくまで参考まで)

 

明るい風味、フルーティーなコーヒーが飲みたい!

生産国:ケニアエチオピア(明るいフルーティなコーヒーが圧倒的に多い)

品種:ゲイシャ種

焙煎度合:中煎り

 

別にケニアゲイシャ種である必要なないです。

どちらかだけでも、中煎りを選べば相当フルーティなコーヒーに当たる確率が高いです。

 

よく、酸味のあるコーヒーは苦手と聞くが、酸味といっても酢みたいな酸味もあれば、オレンジのような酸味もあります。

フルーツの酸味を心地よく「美味しい」と感じるのであれば、それがスペシャルティコーヒーで味わうことができます。

その代表格が、ケニアエチオピアです。

また、コロンビアやパナマなどの中米のゲイシャ種も驚くようなフルーツ感ある味がします。

 

普段飲むような飲みなれた感じの味でもっと美味しいのが飲みたい!

産地:ブラジル、コロンビア、コスタリカ、グァテマラ、ホンジュラスエルサルバドルニカラグアスペシャルティコーヒー

焙煎度合:中煎り

 

ブラジルはコーヒー生産量で30%を占めるほどの一番大きなコーヒー生産国です。

普段口にすることも多く、ナッツ感のある馴染みのある味わいです。

コロンビアも同様、よく飲む機会が多いので、おすすめです。

コモディティコーヒーを買うと本当にいつもと同じコーヒーになってしまいます。

そこは、スペシャルティコーヒーを求めましょう。

飲みなれた味に近いのに、一段も二段も上の「虜になる」ような味が見つかるでしょう。

 

しっかりとした濃厚な味わいのコーヒーが飲みたい!

産地:ブラジル、コロンビア、コスタリカ、グァテマラ、ホンジュラスエルサルバドルニカラグアスペシャルティコーヒー

焙煎度合:中深煎り、深煎り

 

どのコーヒー豆も品質の高いものであれば、甘みを感じることができます。

また、口に含んだ時の質感も楽しんでほしいです。水は軽いです。

油は重く感じるだろうあれを口に含んだときの質感と呼びます。

スペシャルティコーヒーを評価する際の一つの指標でもあります。

中煎りでもそうなのだが、特に焙煎度合の高い中深煎り、深煎りはクリーミーな質感も探してみてほしいです。

より美味しく感じるでしょう。

 

以上、あとは、好みの味を探し続けて、これからのコーヒーライフを楽しみましょう。

 

ゆっくり最高の味を探す過程を存分に楽しみましょう。