コーヒーのブログ

コーヒー・カフェについてシェアしたく。

自宅のコーヒーを職場でも楽しみたいけど作る時間がない!

更新日:2017年7月16日

 

美味しいコーヒーを家で楽しむようになると、家のコーヒーの方が美味しいので、職場へ持っていきたくなります。

しかし、朝は時間がないですよね。

仕事前に時間を捻出しよう、そう決意してもなかなか習慣化できないものです。

結果として、コンビニでそこそこの味のコーヒーを買い、余分な出費が増えてしまいます

自宅からコーヒーを持っていけば美味しい上に、節約にもつながります

ご存知の通り、美味しいコーヒーは幸せな気分になります。

「よし、頑張ろう!」という気持ちになり仕事の効率も上がるでしょう

そこで、ペーパードリップよりも手間がかからないおすすめのコーヒー器具を3つに絞って紹介します。

 

 

 f:id:SteveKino:20170618150645j:plain

その前に

自宅のコーヒーを楽しむには、下記2つの方法があります。

  • 挽いた粉を職場に持参し、職場で抽出する。
  • 自宅で抽出し、魔法瓶に入れて持っていく。

 

1ができるのであれば、それに越したことはないです。ただ、職場の雰囲気や環境上、1を実行することが難しいこともあるでしょう。

私の職場はそうです。

そのため2を重点的に説明します。

2でも美味しいコーヒー豆を使用すれば、6~7時間は美味しく飲めます。

 

フレンチプレスは手間が一番かからない!

 

手順

f:id:SteveKino:20170618151853j:plain

  1. お湯を沸かす
  2. フレンチプレスにコーヒー粉を入れる
  3. 4分タイマーをセットする
  4. お湯が沸いたらフレンチプレスとカップ/魔法瓶に注ぐ
  5. 4分経ったらカップ/魔法瓶に抽出したコーヒーを移す

以上です。

 

待ち時間の4分間は、自由。

重要なことは、ペーパードリップの抽出時間は3分間程度だが、ずっと注ぎ続けなければなりません。フレンチプレスの場合、抽出中の待ち時間の4分間は、自由です。顔洗ったり、歯を磨いたり、トイレに行ったり化粧をして顔の一部分を完成させたりといろいろできます。

フレンチプレスを使用したことがない人は、下記の点を注意してください。

 

挽き具合は粗挽き

抽出時間が長いので、粉はペーパーフィルターよりも粗めの粉を使用します

粉で購入している人は、コーヒーを買うときに、「フレンチプレス用でお願いします」と伝えましょう。

 

ポンジュースはクリーミー、コーヒーの油分(コーヒーオイル)について

フレンチプレスで抽出すると、コーヒー豆に由来する油分も一緒に抽出されます。

それは、フレンチプレスのフィルターが、油をよく吸収する紙のフィルターではなく、金属フィルターだからです。

実は、このコーヒーオイルには、コーヒーの持つ旨みから風味から豆が本来持つ要素を多分に含まれているのです。

気を付けてほしいのは、不味いコーヒーをフレンチプレスで抽出すると余計に美味しくなくなります。

なぜなら不味いコーヒーの油分に不味い成分がたくさん入っているからです。

言い換えれば、美味しいコーヒーをフレンチプレスで抽出すれば、美味しいコーヒーの成分をより楽しむことができるのです。

コーヒー豆を評価するときの1つの要素に「口に含んだときの質感」というのがあります。なめらかだとか、ざらざらするとかです。

ポンジュースを飲んだことがありますか?

質感を意識してポンジュースを飲んでみてもらうと、驚くほどクリーミーなことに気付くことができます。

それと同じように美味しいコーヒーはスムースな口当たりが非常に心地よいのです。

その「口に含んだときの質感」は金属フィルターを備えたフレンチプレスだからこそ楽しめるのです。

 

デメリット

ペーパーフィルターのように抽出し終えたら紙をひょいと持ち上げて捨てることができないです。

三角コーナーに網をセットしてそこに粉を捨てる必要があります

また、フレンチプレスの掃除が面倒です

但し、ちゃんと掃除しようと思うと、ですが。

掃除するときは、フィルターとそれを挟むステインレス製の部品を洗剤で洗うのですが、きちんと掃除する場合は、隙間にコーヒーが入っているので分解して洗う必要があります。

コーヒーオイルは油であり、洗剤で洗わないと酸化して美味しくない原因となり、不衛生です。

推奨されたやり方ではないのですが、私は毎日使うので、水洗いで済ませるときもあるし、分解せずに洗剤をつけてスポンジでキュッキュと洗う場合がほとんどです。

10年以上そんな使い方をしています。

あまりおすすめの方法ではないので、そんな人もいるんだ~程度に聞き流してください。

フレンチプレスは、手間がかかるため、長く使っていると愛着が湧いてきます。「可愛いやつだな」と思えてきます

 

 

 

クレバードリッパーは、よりペーパードリップよりの味になる!

クレバーコーヒードリッパー ラージサイズ C-70888

手順

  1. お湯を沸かす
  2. ドリッパーにフィルターをセットしコーヒー粉を入れる
  3. 4分タイマーをセットする
  4. お湯が沸いたらドリッパーとカップ/魔法瓶に注ぐ
  5. 4分経ったらカップ/魔法瓶に抽出したコーヒーを移す

以上です。

 

ペーパードリッパーとフレンチプレスの中間

クレバードリッパーとは、ペーパードリッパーのような形状で、フレンチプレスのように浸漬してコーヒーを抽出する方法です。

味もペーパーフィルターとフレンチプレスの間くらいになります。

紙のフィルターを使用するので、フレンチプレスに比べ、すっきりとした味わいであり、ペーパーフィルターに比べ、コーヒーが持つ複雑性をより楽しめます

良い点としては、ペーパーフィルターを使用した場合、上で述べたフレンチプレスのデメリットである掃除の部分が楽です。

ただ、これもきちんと掃除しようと思うと部品の簡単な解体は必要ですが、紙のフィルターで大幅にオイルをカットできているため、そこまでドリッパーは汚れないです。

 

挽き具合は中挽き~粗挽き

注意点として、挽き具合は、中挽き~粗挽きとなります。

豆を買う際は「クレバードリップのペーパフィルター用でお願いします」と伝えましょう。

店によって挽き具合が異なるので店員さんに任せましょう。

そして一度飲んでみて、濃い薄いを確認して、調整すればいいです。

 

金属フィルターにも対応!

実は、コレス ドリッパー ゴールドフィルター コーヒー 1-5カップ用 C240という金属フィルターもセットすることができます。

これを使用すれば、フレンチプレスと同じくコーヒーオイルを楽しめます。

場所もそこまで取らないので、たまに違う方法で抽出して味の変化を楽しみたい場合にも重宝します。

 

注意点として、挽き具合は、中粗挽き~粗挽きとなります。

豆を買う際は「ゴールドフィルター用でお願いします」と伝えましょう。

だいたいの店で、ペーパフィルター用とフレンチプレス用の間で挽いてくれるでしょう。

ただ、これも店の方針でまちまちです。

店員さんに確認して、一度自分で試して、好みを調整しましょう。

 

デメリット

  • 敢えて言うのであれば、作りがプラスチックでチャッチー感じがします。
  • ゴールドフィルターを使うのであれば、ドリッパーがフレンチプレスと同様汚れるので、分解して洗う必要があることに変わりないです。

 

クレバーコーヒードリッパー ラージサイズ C-70888

クレバーコーヒードリッパー ラージサイズ C-70888

 

 

 

 

やっぱりコーヒーメーカーがいい!

 

f:id:SteveKino:20170618153240j:plain

言わずもがな、楽ですね。

手順

セットして抽出するだけです。

 

お勧め機種

 1万円未満

 

コーヒーメーカーなら正直これで十分です。

 ただ、本格的なものが良いなら、スペシャルティコーヒーショップでも使われるモカマスターがおすすめです。

 

抽出のスピードが計算された設計というのが特徴的です。

他のマシンもそのようなことを謳っているが、謳っているだけです。

 

インスタントコーヒーでいいのないのかな?

フィンランドバリスタチャンピオンが共同創業したサンフランシスコのSudden Coffeeが非常にハイクオリティなインスタントコーヒーを製造しています。

スペシャルティコーヒーの領域にあるインスタントコーヒーです。

詳しくは以下の記事でご確認いただけます。

 

stevekino.hatenadiary.jp

 

朝のひと手間でよりよい一日を楽しみましょう。