コーヒーのブログ

コーヒー・カフェについてシェアしたく。

タカムラワインを大阪デートにおススメする9つの理由

For English version, please check out the following link:

9 reasons Takamura Wine and Coffee Roasters can be Osaka date spot - Coffee Blog

.

楽天市場ですごく有名なワインとコーヒーの専門店「タカムラ ワイン&コーヒーロースターズ」は、大阪の肥後橋駅近くにおしゃれで工場チックな広い実店舗を構えています。

店内では、

  • ワインの試飲ができます。
  • 家で楽しむ用の手頃な商品を買えます。
  • 記念日用の特別なプレゼントが見つかります。
  • コーヒードリンクが楽しめます。

 これだけだと普通のお店と変わらないかもしれません。

しかし、気軽さエンターテインメント性に大変優れており、大人のためのアミューズメントパークのように感じることができます。

周辺環境も楽しい場所が多く、カップルやご夫婦で来ても半日以上楽しめると思います。

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズの周辺環境の情報も含めて、大阪デートにもオススメできる9つの理由を紹介したいと思います。

 

 

 

 

1:靭公園に近い

 

f:id:SteveKino:20170907004149j:plain

18時頃の靭公園の様子

 

大阪の肥後橋駅近くにある タカムラ ワイン&コーヒーロースターズから、徒歩5分程度のところに靭公園(うつぼこうえん)があります。

靭公園は、今日もたくさんの人を癒していたようです。

仕事終わりにベンチに座るサラリーマン、犬の散歩をしているご婦人やおじいさんが思い思いの時間を過ごしていました。

 

ビュンビュンッと車が通っている都会のど真ん中だというのに、靭公園を中へ中へと入っていくと車の音が非常に小さくなり、風と葉擦れの音を感じることができます。

天気の良い日は、まさに都会のオアシスです。

 

毎年5月頃にはたくさんのバラが見ることができるバラ祭が開催されます。

10月~11月頭には「花と彫刻展」も毎年のように開催されているようで、イベントも要チェックですね。(2017年度の開催予定は未発表の模様)

 

 

2:靭公園の周辺のお店が楽しい

靭公園の周りには、丁寧に時間をかけて作られているというチョコレートがすごく有名なLes Petites Papillotes (レ・プティット・パピヨット)や、たくさんの素敵なお店が散在しています。

今日も一つ素敵なコンセプトを持つお店に出会いました。

レ・プティット・パピヨットと同じ通りにあるhitofushi

ていねいに暮らすための情報と手仕事雑貨を提供することがコンセプトの雑貨屋さんです。

一つ一つの手作りのものに丁寧な説明を添えて並べられている日本で作られた日本の雑貨は、見ているだけでも心がきれいになるようでした。

定期的に「ネイキッドのコーヒードリップ教室」や「小さな食卓のぬか漬けワークショップ」など、いろんなワークショップも開催しているようです。

 

 暮らしの道具とにっぽんの贈り物【 hitofushi 】

所在地: 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目12−28 1 階 壽会館ビル1階
電話: 06-6225-7675

営業時間:11:00am-7:30pm
定 休 日:日曜・祝日 その他不定休

hitofushi.com

 

Les Petites Papillotes (レ・プティット・パピヨット)

所在地:〒550-0003 大阪市西区京町堀1-12-24 オ・ミルズ京町堀1F
電話: 06-6443-7875

営業時間:11:00am-8:00pm
定休日:月・火

※イレギュラーの休みがあるので、HPでチェックしてから行く方がよいです。

※イートインL.O 6:30pmで席の利用は7:00pmまでなのでご注意ください。

www.lespetitespapillotes.com

 

 

 

 

3:気軽に出入りできるおしゃれな実店舗

 

f:id:SteveKino:20170907005144j:plain

 タカムラ ワイン&コーヒーロースターズの外観

 

ワインショップというのは、なんだか敷居が高い感じがして、いったん入ると買わないと店を出にくい感じがありませんか。

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズは、もっとフランクな感じで、むしろカフェや雑貨屋さんに行くような感覚で店を出入りできます。

 

f:id:SteveKino:20170907005303j:plain

店頭に農家直送の青なす、かぼちゃ、ミニトマト、べにあずま、大根などの野菜、いちじく、ひのひかりなどが置かれていました。前はなかったので、一時的なイベントだと思います。

 

インターネットショップでは、いろんな企画をたくさん打ち出しています。

実店舗も常にいろんなことにチャレンジしていて、いつ来ても何かが新しく変わっています。

さすが、ネット通販にも強い実店舗という感じです。

スピード感からパワーを感じます

お店に行けば、「おっ!」と口からつい漏れ出るくらいのアイデアのヒントが見つかるかもしれません。

中へ入ると、工場っぽい作りで、ワクワクします。

 

 

4:豊富なワインがある

f:id:SteveKino:20170907005654p:plain

via:About - TAKAMURA Wine & Coffee Roasters

 

店に入るとずら~と並んだたくさんのワインを確認できます。

主力の商品は、ワインです。

楽天市場を利用する方ならご存知の方も多いと思います。

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズは、楽天市場楽天ショップオブザイヤーを12年連続で受賞したことがあるほどネット販売に成功している会社です。

楽天ショップオブザイヤーは、売上伸び率やどれだけ顧客に支持されているかも評価対象となるため、単に売上額が良いだけでは連続で受賞はできないです。

12年連続受賞というのは、13年連続受賞した名古屋の加藤珈琲店の次に長い連続受賞記録だと思います。

毎年200万本も販売実績のあるワインショップということであれば、信頼できます

実店舗は、全国からたくさんある注文の倉庫としても機能しているため、本当にたくさんのワインと出会うことができます。

1000円代のお手頃価格のものから100万円を超えるものまで、バラエティー豊かに取り揃えられています。

 

  • 金額的に優しくて日常的に飲めるワインやコーヒーがほしい
  • ちょっと贅沢に過ごしたい気分なんだけど、良いのないかな?
  • 誕生日プレゼントや特別なイベントの贈り物として高価なものを探している

 

あらゆる利用シーンに適合しうる、桁違いに豊富な品揃えが強みだと思います。

 

 

 

5:くつろげるスペースがある

 

店内には、ゆっくりできるソファやテーブル席があります。

私が訪れたときは10席程度あり(座席の椅子などもころころ変わるのであくまで参考まで)、外のテラス席でドリンクを楽しむことができます。

 

仕事帰りの女性一人でワイン片手にちょっとしたバー感覚で使用されている方や、カップルで一緒に試飲するワインを選んで楽しんでいる方がくつろいでいました。

 

 

 

6:ラフにワインの有料試飲ができる

f:id:SteveKino:20170907010704j:plain

エノマティック

 

店員さんと会話しなくても試飲可能

これまた気軽に使いやえるポイントで、プリペイド式のワイン試飲マシン「エノマティック」が3台あります。

 

f:id:SteveKino:20170907232807j:plain

 エノマティック用カード

 

ソムリエさんに試飲した後に意見を求められると緊張しますよね。

ワイン試飲マシン「エノマティック」だと、専用のICカードを作ってお金をチャージすれば、店員さんと会話しなくても好きな時に好きなだけ試飲できます。

1万円を超えるワインから2,3千円程度のワインまで、最大で48種類から選んで楽しむことができます。

試飲する量も10ml, 25ml, 50ml, 75mlがあり、気分に合わせて好きなものを好きな量を選んで試飲できます。

ワインに詳しい方で試飲メインで行かれる方は、Enomatic Wine List - TAKAMURA Wine&Coffee Roastersでどのワインが何mlいくらで試飲できるのかがわかりますので、確認してから行くのもよいかもしれませんね。

 

無駄遣いを防げる

数万円のワインでも少量を選べば500円とか1000円とかで試すことができます。

「楽しみにしていたご褒美用の贅沢なワインを買ったのに、好きな風味じゃなかった(-_-)」

なんてことを防ぐことができます。

 

試飲からワインの世界を広げることができる

店員さんに試飲したワインから好きなワインの風味のヒントを得て、どのポイントが好きかと希望の価格帯を伝えると、好みに近いかつ希望価格帯のワインを教えてもらうことができ、ワインの世界を広げていくことができます。

たとえば、「このワインにバニラのような風味を感じたのですが、2千円代で同じような風味のワインはありませんか?」と聞くと店員さんが探してきてくれるでしょう。

 

カップルやご夫婦の方だと、いろんなワインを一緒に試飲すること自体がめちゃくちゃ楽しいと思います。

私のように一人行動が多い人が、ちょっとしたバーとして利用しても全く居心地が悪くない点が、なにより良いポイントだと思います。

 

ワインは基礎知識があるともっと楽しくなる!

ワインは基礎知識がないとカタカナが多くて、なにも頭に入ってきません。

私がそうだったのですが、結果、何にも意識せず飲んで、何を飲んでも同じような「赤ワイン/白ワイン」の味と感じてしまうことがありました。

ワインは、基本的な知識がなくても、お酒の一種としてある程度楽しめます。

しかし、基礎知識をもっているだけで、飲んだ後の知識の広がり方に歴然とした違いが生まれてきます。

その結果、ワインを飲む楽しさにも歴然とした違いが生まれてきます。

 

「あ!これがシャルドネの風味か!」

「果実味が豊かってこういうことか!」

「フレンチオークの樽熟成ってめっちゃバニラの香りがする!」

 

知識を身に着けていくに連れて、ただのぶどう酒の味が、自然の恵みから生まれたすごく貴重な味で、それを体験することができるのだ、と考え方に変化が生じてきます。

その自然の恵みから香りや風味を感じるという体験と知識が結びついて、すーっと頭に入ってきます。

感覚と結びついた知識は忘れにくく、結果どんどん頭に入ってきて、どんどん楽しくなります。

ワインの基本的な知識を身に着けたい方は、こちらの本がおススメです。

 

この本は、ワインの品種をキャラクターに変換していて、非常にわかりやすいです。

ワインの基礎知識を全て得ることはできません。

しかし、最初に知っておくべき土地と品種の概要的な知識が網羅されています。 

知っているとカッコイイうんちくも散りばめられてありますので、楽しく読めます。

是非ご参考までに。

 

 

 

 

7:ドリンクメニューがリーズナブル

f:id:SteveKino:20170907010841j:plain

ドリンクメニュー

 

店内ではコーヒーやソフトドリンクも楽しめます。

しかも、安いです。

 

カプチーノのショートサイズを注文しました。

 

f:id:SteveKino:20170907011004j:plain

カプチーノのショートサイズ 300円

 

カプチーノは大阪ですと通常400~500円前後のお店が多いですね。

ショートサイズでも通常のスペシャルティコーヒー専門店で注文するときのカプチーノと同量くらいでした。

 

味は、まろやかで美味しかったです。

座り心地の良い椅子に座り、ぼーっとしてたら1時間も経っていました。

 

 

 

8:高品質のコーヒー豆が20種類以上!?

f:id:SteveKino:20170907011130j:plain

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズは、ワインがメインですが、店内に大きな存在感を示しているスマートロースターという焙煎機を4年前くらいに導入してからコーヒービジネスにも参入しました。

導入当時はコーヒー豆の種類も3~5種類程度だったと記憶しています。

今はなんと・・・20種類以上!?

数えるのを止めるほどたくさんのコーヒー豆の品揃えがありました。

しかもCOEとシングルオリジン豆がたくさん。

 

f:id:SteveKino:20170907011158j:plain

f:id:SteveKino:20170907011209j:plain

f:id:SteveKino:20170907011229j:plain

f:id:SteveKino:20170907011251j:plain

f:id:SteveKino:20170907011311j:plain

f:id:SteveKino:20170907011320j:plain

 

知っておきたい知識 COEって?

COEというのは、Cup of Excellenceの略称で、ざっくり言うとコーヒー豆のポジティブな風味を評価する品評会を開き、「素晴らしい」という評価を受けたコーヒー豆に与えられる称号です。

国単位で開催され、素晴らしい順に順位がつけられます。

COEは現在最も信頼性が高く、権威のある称号とされています。

「素晴らしい」の基準はCOEの審査資格のある審査員が味をチェックして決めます。

COEの審査員になるのは難しいです。

日本人では、丸山珈琲の丸山健太郎社長やウニール(ヒサシヤマモトコーヒー)の山本尚社長などが資格を有しています。(更新しないといけません)

コーヒーは嗜好品ですので、「素晴らしい」COE 1位が必ずしも一番美味しいとは限りません。

ただ、上位になればなるほど、「これが自然から生まれたコーヒーなのか!」と驚くような風味特性を持つコーヒー豆と出会うことができるのも事実です。

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズのサイトだと、COEを含んだ豆をより好みで選べるセットがあります。

 

知っておきたい知識 シングルオリジン豆って?

シングルオリジンというのは、生産地が「ブラジル」、「コロンビア」など国名しかわからないコーヒー豆と異なり、単一農園や農協などが特定でき、どのように処理されたコーヒー豆かという情報までわかるコーヒー豆のことです。

野菜など他の農作物と全く同じで、往々にして細かい情報がわかるほど、品質が高く美味しいことが多いです。

 

たとえば、このコーヒー

f:id:SteveKino:20170907011209j:plain

国、地域・地区、農協(特定できていれば農園名)、品種、精製処理方法等の記載があります。

 

先に紹介したCOEなどの品評会で有名になった農園は、その後たとえCOEに参加しなくともコーヒー豆のバイヤーから「コーヒー豆を売ってくれ」と連絡があります。

スペシャルティコーヒーの流れができてから、約20年が経過していますので、データも蓄積されてきています。

どの地域にどんな情熱のある生産者がいて、我々消費者に美味しいコーヒーを届けるためにどんな試みで今年はコーヒーを育てているのか。

思い切ってコーヒーノキの品種を替えてみたり、土壌の質を変更してみたり、ワインやビールから発酵方法を学んで取り入れてみたり、より丁寧に一粒一粒完熟コーヒーの実のみを摘んでみたり・・・。

生産者のお顔が見えて安心できて、美味しいコーヒーと出会うことができて、購入することで努力した生産者を応援することにも繋がります。

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズのサイトだと、同一生産地域で異なる精製処理をされているものの飲み比べセットなどもあります。

 

 

珍しい商品にも出会える

 

f:id:SteveKino:20170907011130j:plain

コーヒー豆を買おうと、もう一度コーヒーの陳列棚をよく見てみると、

COE 2位なのに200gで920円(税別)!?

COE はオークションで値が決定される(順位が高いから高額というわけでもない)ので、落札金額次第で小売価格も決まります。

しかし、COE 2位というのは、素晴らしい風味を有していることが多く、安くても100gで2000円くらいになります。(高いものでは100gで5000円とかそれ以上もあります。)

 

よく見てみると、2014年のシールがありました。

f:id:SteveKino:20170907012521j:plain

「2014年ってオールドクロップやん!」とCOEのオールドクロップを販売しているのは見たことがなく、ビックリしました。

 

 

知っておきたい知識 オールドクロップについて

 

コーヒー豆の収穫期ごとの特徴

 

f:id:SteveKino:20170911230052j:plain

 ※クロップの定義も所説ありますので、ここでは日本スペシャルティコーヒー協会発行のコーヒーマイスターの教科書(5年以上前)を参照しました。

 

 

コーヒー生豆の状態でもお米と同じで収穫後の時間経過により生豆の状態や風味が変化していきます。

平たく言うと、風味を売りにしているCOE受賞コーヒー豆は、風味の特徴を感じやすい新しいクロップで楽しむべきものであるというのが通常の考え方です。

 

しかし、タカムラ ワイン&コーヒーロースターズでは、2014年という3年前のCOE受賞コーヒー豆を「DAILY COE」と銘打って、日常ベースで楽しめる価格帯で販売しているのですね。

そこをきちんと理解した上で購入しないと、「COEなのにたいしたことないな」ということになりかねません。

 

COEブルンジ キレマ 2014年 2位の感想

f:id:SteveKino:20170907012631j:plain

オールドクロップCOEはなかなか飲む機会がないので、COE ブルンジ キレマ 2014年 2位を買ってみました。

 

古い豆に感じる香りが多少あり、通常のCOE上位豆のような感動的な際立った風味は感じませんでしたが、多少のフルーツ感を感じることができ、私のお子ちゃま舌のレベルでは、十分美味しく楽しめるコーヒーでした。

商業用のコーヒーなんかと比べると確実にこっちの方が美味しく、ちゃんと理由を知った上で購入すればショックはなく、コスパが良いのでまたリピートしてもよいなと思いました。

 

 

 

店舗でコーヒー豆を買う場合の注意点

 

豆袋の裏面に焙煎日の記載がありますので、必ずチェックしましょう。

私個人の基準ですが、例えば、焙煎してから11日以上経ったコーヒー豆は購入しません。

 f:id:SteveKino:20170907013516j:plain

焙煎日:2017年8月21日(2017年8月31日に訪れました。私の基準ギリギリ10日後の豆でした。)

 

2014年のCOEを販売したり、焙煎日10日のものを置いていたりと、多少訳アリ品(と私には映る)でもコスパよく販売するという姿勢は、職人気質なスペシャルティコーヒー専門店とは目指している方向性が良い意味で異なるように感じました。

消費者の立場からすると多様な選択肢があった方がよいので賛成です。

 

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズ以外でも言えることですが、なぜその商品がコストパフォーマンスが高いのかを理解した上で、商品を購入したいですね。

 

 

 

 

9:中之島エリアも徒歩圏内

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズから梅田へ出る場合、歩いて5分程度で肥後橋駅があるので、通常は地下鉄を利用します。

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズを出て、なにわ筋を福島の方へ徒歩で北上すると、このような川が現れます。

 

f:id:SteveKino:20170907013749j:plain

中之島北側の堂島川 19時10分ごろの様子

 

夕方になると人通りもまばらになり、カップルたちが良い具合に距離を置いて点在しているベンチで各々お話を楽しんでいるようでした。

この時期の19時ごろというのは、見る見るうちに景色が変化し、空と川のグラデーションの移り変わりが美しいです。

(川自体はきれいとは言えないので、昼間より夜の方がよいと思います。)

f:id:SteveKino:20170907013859j:plain

 

こじんまりとしてますが、リバークルーズもあります。

観光客にとっては楽しいかと思います。

 

定期的に通る遊覧船とキラキラ光る橋、変わりゆく景色を楽しみながら、お話しにふけるのもまた一興ですね。

 

川の近くは中之島駅があり、大阪科学館もすぐ近くです。

川を越えると新福島・福島があり、美味しいお店がたっくさんある町です。

 

 

まとめ

 

ワインとコーヒーの専門店「タカムラ ワイン&コーヒーロースターズ」は、ワインとコーヒーの初心者から玄人まで、老若男女問わず楽しめます。

幅広い利用シーンが想像できる豊富な商品ラインナップがあり、実店舗は気軽に出入りできる大人のエンターテインメント施設だと思います。

 また、周辺に楽しい場所がたくさんあり、徒歩数分で都会のオアシス「靭公園」、その周辺のユニークなレストランや雑貨屋、そして中之島エリアへアクセスできます。

 

タカムラとその周辺を半日楽しむためのプラン1

  1. 靭公園でまったりトークする→
  2. 靭公園周辺のレストランや雑貨屋などを楽しむ→
  3. タカムラ ワイン&コーヒーロースターズでワインの試飲やコーヒーを楽しむ→
  4. 徒歩で川まで行き休憩・景色を楽しむ→
  5. 新福島や福島で晩御飯を楽しむ or 購入したワインやコーヒーをお家で楽しむ

 

タカムラとその周辺を半日楽しむためのプラン2

  1. 大阪科学館を楽しむ→
  2. 中之島でランチ→
  3. タカムラ ワイン&コーヒーロースターズでワインの試飲やコーヒーを楽しむ→
  4. 靭公園や周辺雑貨屋などを楽しむ→
  5. 靭公園周辺のレストランでディナー

 

少し足を延ばして、梅田や心斎橋まで歩いてみるのも楽しいです。

どちらも徒歩30分程度です。

 

普段、車や電車で移動しているところをたまにはあえて歩いてみると、見慣れた景色も新しい視点で楽しむことができてよいものですね。

 

 

アクセス

 

タカムラワイン&コーヒーロースターズ

営業時間:AM11:00~PM7:30 / COFFEE PM7:00(L.O)

住所:大阪市西区江戸堀2丁目2-18

電話番号:06-6443-3519